KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

校友会について

校友会のあゆみ

昭和初期~

校友の大同団結

その後、学部の卒業生数が増加すると、新しく千里山学士会が結成され、従来の校友会と対立する形となりました。そのうちに大同団結の機運が熟し、昭和13(1938)年2月14日の校友総会で、従来の12条からなる簡単な会則を根本的に改正しました。これが現行会則の原形をなすものです。そして同年11月20日、全国校友に呼びかけて、初の大々的校友総会を大阪中之島の中央公会堂で開催しました。集うもの1,000人に達する空前の大盛会で、これを契機として、校友会活動はとみに活発となり、まさにこの総会こそが、今日の校友会発展の原点といえます。

海外でも支部結成

以後の数年間に結成された支部は、国内はもとより海外でも10以上となり、支部組織は40を数えました。また、各界の第一人者を招聘して月例の講演会を開催するとともに、尾道、金沢などの地方で時局大講演会を開催して大学のPRにつとめました。一方、戦時下文科系大学の存続が危ぶまれるに至って、校友会では理工科系大学設置の運動を起こし、工業専門学校開校の推進力になるなど、この時期、校友会は精力的に活動しました。/p>

10年ぶりの名簿発行

第2次世界大戦による痛手は甚大なものがあり、多くの校友同窓を失い、戦災戦禍による職場、住所の変更、敗戦の混乱は想像を絶する状態となりました。大学では、いち早く昭和22(1947)年6月、校友課を新設して、同窓校友の消息を博捜し、昭和17(1942)年版を最後とした校友名簿も昭和28(1953)年に10年ぶりに発行しました。

なお、昭和26(1951)年には、大学の組織を財団法人から学校法人に切りかえ、法人の評議員の過半数は校友から選出することになりました。校友が大学経営に参画することが制度的に決まったわけで、これは校友会にとって特筆すべき事柄です。

名簿画像

機関紙『関大』の発刊

昭和27(1952)年、初めて公選選挙によって選ばれた法人役員陣は、革新の気に満ち、創立70周年を目前にして学園拡充整備計画を発表しました。校友は挙ってこれに協賛して募金に応じ、昭和30(1955)年5月には、校友会機関紙「関大」を創刊、母校と校友、ならびに校友相互を結ぶ媒体として、また母校のPR機関として、重要な役割を果たしました。

機関誌『関大』

組織の拡充

終戦から10年を経て、校友会再建活動が活発に進められ、組織の整備に伴い、昭和32(1957)年に校友会事務局を設置、ここに至って、校友会の自主的体制がようやく整いました。新たに発足した校友会は組織づくりに専念し、従来大阪市内・府下には支部組織が8支部でしたが、大阪市内22の各区に、また府下の衛星都市ごとに支部を結成した結果、新たに38支部が設立され、全国各地の支部を合せて98の地域支部となりました。職域会や同期会も続々と結成され、校友会組織が著しく拡大したのはこの時期であり、学術講演会、文芸講演会、また地方講演会をしばしば開催したのもこの時期でした。

ページトップに戻る

ページトップに戻る