KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

校友会について

校友会のあゆみ

平成~現在

第二世紀を力強く

平成に入り、校友会では“組織活動の推進”と“財政基盤の確立と整備”を柱に基本計画を樹て、組織の活性化並びに財政基盤確立策の一環として、平成2年9月より「関西大学校友カード」の導入に踏み切り、また平成6年6月より「特別協力金」を要請しました。

しかし、卒業生の自然増、公共料金の値上げ等が起因して長期展望に立った校友会財政は危機に瀕しており、財政健全化の第一弾として平成10年度より「機関誌『関大』の年6回発行・発送」及び他事業についても「参加者の受益者負担を原則とする」など、本会結成以来とも言うべき基本方針の変更に踏み切りました。

更に、平成12年度には21世紀に向けて新たな視点で活動する校友会として飛躍的発展を図るため、会則・会費制度を改正して、本会の事業の中に「学生に対する学術振興及びスポーツ・文化振興を支援する事業」を加えると共に、学生会員制度を新設。また昭和33年から実施してきた終身会費制度を、基本会費と更新会費制度に改めました。

これによって校友会は、長年の懸案であった財政基盤の確立に一つの目安がつけられ、その目的達成に向けて更に力強く歩みを始めました。

早速、学生に対する学術・スポーツ・文化振興支援では、「学生振興支援基金規程」を制定し、(1)学生表彰制度の創設、(2)給付育英奨学金制度の創設、(3)学生の支援諸施策の充実を制度化し、幅広い学生への支援と取り組んでいます。

課外活動団体の表彰

優秀な成績を残した課外活動団体の表彰

給付育英奨学金を授与

一高からの進学者に給付育英奨学金を授与

母校創立120周年

創立120周年記念事業募金については、平成14年度から「母校発展のためには120周年記念事業の成功が不可欠」との認識から、積極的にその一翼を担って募金を進めていくことを決定。本部募金推進委員会の設置や、校友会独自の「募金活動規約」の制定、本部役員・募金推進委員など個人と組織の募金目標額の目安の設定などを行いました。また、全国募金推進委員長会議を開催して、組織での取り組みを討議、さらに、校友会独自の募金推進スローガン「関大の未来を拓こうあなたの募金で!」も決定するなど、校友の関心を高めるとともに、機関誌『関大』や組織の総会を通じて、機会ある毎に校友の協力を呼びかけました。

校友会としての記念事業については、「天満天神繁昌亭」「平成の通り抜け」への寄付事業のほか、7月25日の天神祭・船渡御に奉拝船「関大丸」を就航、両舷を「祝関西大学創立120周年」の電飾看板で飾り、約200人が乗りこんで船上から多くの人に母校創立120周年をPR、校友総会・記念式典に華を添えました。そして関西大学創立120周年記念校友総会は、10月15日に母校千里山キャンパス・中央体育館で開催。校友の桂三枝氏の記念講演をはじめ様々な企画を組み、約5千人の参加校友とともに盛大に母校の120周年を慶祝しました。大学の創立120周年記念式典は、11月4日に第2学舎4号館BIGホール100で簡素かつ厳粛に挙行されました。

ページトップに戻る

ページトップに戻る