校友会の活動

ホーム > 校友会の活動 > 社会との交流と連携 > 記事詳細(支部の地域・社会活動)

支部の地域・社会活動

鶴見支部
第49回鶴見区民まつりに チャリティーバザーで参加

昨年に引き続き開催された「第49回鶴見区民まつり」は、前半あいにくの小雨でしたが、前日までの異様な暑さはなくて、比較的過ごしやすいなかでの開催でした。鶴見支部は校友の絆を深めること、地域社会との連帯、「TSURUMIこどもホスピス」の支援活動を考え、古本・子ども服等のバザーに参加しました。 
大学校友会から社会連携活動助成金をいただき、関西大学の幟、法被をお借りし、機関誌など関大紹介の本も勢揃い。また、商品である古本・子ども服等は迫特別顧問の運営するみつばさ保育園ほか3園の保護者からご提供いただきました。 
さあ、当日、一時の大雨から、やがて小雨となり、朝からメンバーは打ち合わせ通りにスタート、関大の幟を立て、法被を着用、古本、子ども服等のチャリティーバザーを行いました。子ども服は1枚300円からのスタートでしたが、まとめて買いの方も結構いらっしゃり、その後、2枚で100円、3枚で100円とプライスダウンし、最後はこどもホスピスに寄付すれば、無料で何着でも持ち帰ってOKとなり、ブースは賑わいました。 また、関大の幟を見て、校友等が訪れてくれました。某高校生の2人づれは[関大は来年受験したいと思っている]・・とのことで、早速、機関誌「関大」等を渡ししたところ、「入学したら鶴見支部に入ってや、わしも関大やで」とOBの方が来られ、「子ども服はいらんけど、こどもホスピスに寄付するわ」と募金箱に札を入れてくれるOB、「子どもが関大や」と父兄の方等々・・・、鶴見支部の案内リーフレットや、機関誌「関大」等お渡し、連絡先等を記入してもらい、鶴見支部での再会をお願いしました。 
さまざまな出会いがありました。またスタッフにも疲れが出てきましたので、商品は少し残りましたが、14時頃に閉店とさせていただきました。なお、売上は全額TSURUMIこどもホスピスに後日寄付いたします。

幹事長 井藤 吉則 
支部長 南畑 吉是 090-9993-4408


tsurumi_20231001_01.jpg tsurumi_20231001_02.jpg tsurumi_20231001_03.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る