校友会の活動

ホーム > 校友会の活動 > 社会との交流と連携 > 記事詳細(支部の地域・社会活動)

支部の地域・社会活動

長崎支部
 長崎くんちに関西大学PRブースの開設

 関西大学長崎支部では、10月7日から8日にかけて龍踊り等で有名な長崎くんちに校友会の社会連携助成制度を活用し、母校のPRと支部会員の親睦を図るため、ブースを開設しました。晴天にも恵まれ、開設場所が国道に面したメイン会場入り口と言うこともあり、路面電車、バスなどの車窓からも関大のぼりがくっきり見え、看板等の設置により多くの来場者の目に触れ、否応なしに20万人を超える方に関大をアッピールできました。

1-20121007_nagasaki.jpg
 当日は、福岡千里会の花田名誉会長、白木会長夫妻も前日からのくんち見物ということもあり、会場内をご案内し、長崎支部の取り組みをご紹介したところです。
 ブースの前では、関大志望の高校生、親御さんに受験資料の配布や写真の女子高生とは「関大マグマ」を学校のチィアリーダ部で踊っているとのことで話が盛り上がったり、ご主人の転勤で長崎に来て関大ブースを見て、私も関大ですと名乗る方や関大卒で上海に在住する中国人女性がお見えになったり、連休中ということもあり現役関大生がいたり、また、これまでお会いしなった先輩校友から声をかけられたりなど、新たな出会いと関大ネットワークの広さを強く感じました。
1-20121007_nagasaki02.jpg
 ご通行中の市民の方からは、関大は入試が難しいとの話も聞かれる中、多くの市民の方に関大を知っていただいたことは、大成功でした。ご協力いただきました校友会本部、遠路松浦市や西海市を始め参加いただきました支部会員の皆様に感謝とお礼を申し上げます。
(長崎支部長 濱脇 哲夫)

ページトップに戻る

ページトップに戻る