KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

校友会の活動

海外の校友会

泰国千里会
4月から6月に4事業を開催

世界屈指の賑やかな千里会・泰国千里会(角田勇会長)では、4月から6月に4つの事業を行いましたので、報告します。
(世話人 坂東隆史・法99)

①第2回泰国ゴルフ関関戦
 大差で敗北も盛り上がりで勝利

4月30日にバンプラゴルフで2年ぶりに開催。参加者は角田会長以下10人。
恒例の7大学対抗戦でも関学の強さは圧倒的というのは周知の事実。しかし、1ヵ月後に控える7大学対抗戦を前に、親睦と練習を兼ねて関関戦を申し込んだ。勝ったチームに与えられる権利は、「次回の泰国関関戦までの最初の"関"を勝利校の"関"とする」「勝利校は成績発表時に学歌斉唱ができる。敗北校は姿勢を正して静聴する」で戦った。
相手側は15人参加と人数的に不利を強いられ、かつ相手のホームグランドで戦略も分からない中、泰国千里会エース大中さん(法94)、若手エース大熊さん(経01)を筆頭に参加者全員が粉骨砕身で戦ったが、善戦空しく圧倒的な差で敗北を喫した。
しかし、成績発表終了後には関学は即座に家路についたが、関大はゴルフ場レストランでそのまま反省会と打ち上げを開催。反省会では「やはり関学は強かった」「圧倒的に強ければ、ルールがどうであっても関係ない」と長い目で見て挑んで行こうと終始盛り上がった。またその晩、予定のない単身者はバンコクの居酒屋「しゃかりき432」で打ち上げ二次会を開催し、盛り上がりで関学に勝利したことは間違いない。

160430_thai01.jpg 160430_thai02.jpg


160504_thai.jpg②三輪さんお帰りなさい会
 同世代中心の10人が集う

昨年3月に日本へ帰任された泰国千里会の初代マドンナ・三輪さん(政01)が、日本のゴールデンウイークを利用して来泰されるということで、5月4日にバンコクの北海道料理店 「原始焼」に集った。
三輪さんからは泰国千里会で一番喜ばれるお土産である焼酎を頂き、皆で舌鼓を打った。
集まったメンバーは角田会長の他、三輪さんの同世代が中心の10人。それぞれの近況や学生時代の話題に花が咲いた。
翌日はタイの祝日でもあったため、二次会は日本人経営のレストランバー"OUTER ROOM"へ迷うことなく出陣。店のカラオケで学生時代の懐メロ特集で思い出に浸り、笑い続けた3時間。
最後は「三輪さん、またタイに帰って来てね」と皆で懇願したバンコク乾季の終わりの夜だった。


③関西7大学ゴルフ対抗戦
 池内さんが個人優勝の快挙
 団体も準優勝で盛り上がる

関西大学、関西学院、同志社、神戸、立命館&大阪市立&大阪外大合同の合計72人が参加して、5月29日に快晴のタノンゴルフで開催された。
関学の8連覇を阻止すべく、ダブルペリア上位5人の成績では人数が大事だと、皆で日程を調整し15人で臨んだ。
関大は、絶対的エース大中さん(法94)、若手エース大熊さん(経01)を欠き、関学より1人少ない中、初参加で体育会剣道部出身の池田さん(経88)、熟練の技で皆を驚かせた有川さん(工76)の活躍が光った。
その中でも、在タイ20年戦士の池内さん(商82)が、常勝関学の猛者達の追撃をかわし、見事個人優勝を勝ち取った。個人優勝を関学から奪還するのは皆の記憶にも残っていない程のことで、泰国千里会の過去最大の盛り上がりをみせた。それ以外のメンバーも大健闘し、自己ハーフベスト、本年度ベストを出したメンバーもいたが、関学にあと一歩及ばず準優勝となり、関学の8連覇を許すこととなった。
前回大会は4位であり、神戸大、同志社も人数・実力ともに相当上げてきているため、苦戦が予想された中で皆の団結力で勝ち取った準優勝であったことに違いはない。
ゴルフ後の7大学幹事会では、各大学から「関大さんはいつも楽しそうで仲が良いですね」と我々戦利会の目指す姿を褒めていただき、世話人として非常に嬉しかった。これも関大カラーだと思う。
次回こそ、最多参加人数で挑戦し、他校を圧巻して優勝をしたい。なお、個人優勝者を出したこともあり、次回までに成績発表時用のユニフォームを作ることになった。

160529_thai01.jpg 160529_thai02.jpg

160529_thai03.jpg


160623_thai.jpg④7大学対抗戦祝勝会&歓迎会
 優勝カップ囲んで何度も乾杯
 2人の若手迎え会員層に厚み

タイは雨季に入り、慢性的な渋滞がさらに激しさを増している中、6月23日に14人が参加して、泰国千里会で初めて使う日本料理店「隠れ家」で開催した。
当日も大雨で店周辺が冠水し、開催出来るか心配だったが、なんとか全員が遅れながらにも到着できた。
テーブル上には、関西7大学対抗戦で個人優勝を果たした池内さんの優勝カップを置き、個人優勝と団体準優勝を祝福するに相応しい席となり、幾度となく乾杯を繰り返した。やはり、最多参加人数を目指すこと、ダブルペリア、トリプルボギーカットのルールではパーかトリプルボギーしか出さないことを確認し、次回の優勝を誓った。
また、この日は高山さん(商01)、鬼丸さん(法03)の歓迎会でもあった。高山さんは若くしてタイ現地法人の社長を任される逸材。鬼丸さんは「あしのは法律事務所」に所属する女性弁護士。昨年から次々と偉大な先輩方が帰任される中で、当会は2人の若手ホープを迎えて、層の厚みを取り戻した。
初めての参加であっても、どんなに偉い立場の人であっても、分け隔てなく気楽に付き合えるのが当会の強み。終始盛り上がり、会の終わりには全員で学歌を斉唱して店を出た。すると、激しい雨は止み、冠水していたはずの店の周辺は我らの明るさによって水が引いていた。次回の泰国千里会も楽しみだ。
なお、今後の予定は次の通り。多くの校友の参加をお待ちしている。
①7月15日:バンコク懇親会
②7月16日:泰国千里会親睦ゴルフ
③8月7日:KUGF Field Study海外派遣プログラム参加学生との交流会
④9月3日:工学部海外体験研修プログラム参加学生との交流会
⑤9月11日:泰国千里会親睦ゴルフ
⑥11月27日:関西7大学ゴルフ対抗戦
(坂東隆史 bando@nittsushoji.co.th

ページトップに戻る

ページトップに戻る