KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

校友会の活動

海外の校友会

サンパウロ千里会
サンパウロ千里会設立

150811_SaoPaulo01.jpg 150811_SaoPaulo02.jpg8月11日から18日にかけてサンパウロ千里会の設立と関係団体への表敬訪問、視察のためブラジルを訪問しました。今回の訪問にあたっては、日本ブラジル中央協会常務理事の三宅信史さん(昭47学法)、サンパウロ新聞社代表取締役社長の鈴木雅夫さん(昭50学社)がこれまで5年ほど前からブラジルでの校友会支部の設立を推進され、ようやくその気運が高まり実現する運びとなったものです。
8月12日には、東洋人街にあるニッケイパレスホテルにて、第1回目の会合が開催され、ここにサンパウロ千里会が設立されました。今回は、三宅信史さん、鈴木雅夫さんに加えて、THK株式会社海外営業統括部の大上進さん(昭47学法)、サンパウロに移住の前田芳子さん(昭30学文)の計4名が集まりました。三宅さんは、関大から初となる三井物産に入社され、1974年に渡伯以来、鉄鉱石の鉱山開発、鉄道敷設、港湾建設など多岐にわたる事業を推進され、今日まで40年余、現在は独立されてなお一貫してブラジル経済、文化、交流事業に携わっておられます。鈴木さんは、学生時代にラテンアメリカ研究部に入部され、3回生を終えて1年間休学、サンパウロ新聞社で実習されたのが縁で、ご卒業後はそのまま同新聞社に入社、現在は代表取締役社長としてご活躍されています。大上さんは、機械メーカーTHK㈱ご勤務で、昨年までTHK台湾の総経理としてご活躍され、またその傍ら台湾OB会にも積極的に参加され、キャリアセンターの国際インターンシップにおいても大変お世話になりました。日本へ帰任後すぐに、ブラジル赴任となり、この度、サンパウロでの再会となりました。前田さんは、1954年に母校を卒業後、全日空CAの第1期として入社され、1958年、同じ関大卒の前田秀夫(昭28学経)さんとご結婚後、ブラジルへ移住されました。残念ながらすでに夫の秀夫さんはお亡くなりになっておられますが、現在もサンパウロ近郊にお住まいになり、短歌作家として活動されています。
懇親会では、前田さんの独演会の様相を呈し、ブラジル移住の経緯、ブラジルでの生活、学生時代の恩師や学友の話、特に全日空のCA時代のエピソードは、現在では考えられないほどの苦労話で、おもしろおかしく話術巧みに、大変興味深く全員が聞き入っていました。83歳となられた今も矍鑠とされ、当時の記憶も鮮明に覚えておられ、感心するばかりでした。いつまでもお元気で、また来年もいろんなお話を聞かせていただきたいと思いました。

150811_SaoPaulo03.jpg 150811_SaoPaulo04.jpg

そして今回は、三宅さんと鈴木さんのコーディネートにより、現地関係団体にも表敬訪問させていただく栄に浴し、ブラジル日本都道府県人会連合会(原島義弘副会長、川合昭理事)、
150811_SaoPaulo05.jpg
ブラジル日系社会の中心的機関である、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋新城春美会長、松尾治副会長、中島エドアルド剛事務局長)、
150811_SaoPaulo06.jpg 150811_SaoPaulo07.jpg
ブラジル日本商工会議所(平田藤義事務局長)、
150811_SaoPaulo08.jpg
更には、在サンパウロ日本国総領事館(中前隆博総領事、星野元宏領事)へ校友会設立のご挨拶をさせていただきました。
150811_SaoPaulo09.jpg

また、校友ではないですが、縁あって、ブラジルで業界2位の美容院チェーン「SOHO(蒼鳳)」の創業者である飯島秀昭社長とお会いする機会も得ました。27歳でブラジルへ渡られ、苦労を重ねて、今やブラジルに30店舗、年間70万人もの利用客を持つカリスマのお話は感激しました。今は一線から退かれましたが、現在も「掃除」や「YOSAKOIソーラン・ブラジル」のイベント等積極的な活動を展開され、ブラジルの人々に「日本人の心」を伝える活動をしておられます。
帰国前日には、駐在員が度々訪れるサンパウロ市内の日本食レストラン「梵」で夕食。ここを卒業生が集まる拠点とするため、女将さんのご快諾を得て、卓上旗を常設し、関大をアピールすることとしました。この度のブラジル訪問については、改めて機関紙「関大」にご報告させていただきますが、今や日系人口170万人とも言われ、日本の次に日本人が多く住む国です。300を超える日本企業も進出しており、著しい経済発展を遂げ、豊富な資源と技術力、そして人々の活力。昨年は、サンパウロ・大阪姉妹都市提携45周年、記憶に新しいサッカーワールドカップの開催、そして本年は、日ブラジル外交関係樹立120周年を迎え、来年はリオデジャネイロ五輪です。日本の裏側のこの大国の力を改めて思い知らされました。そして、ここにも卒業生が活躍しており、この度校友会が設立されました。移住者、或いは駐在員として、校友もまだまだおられると思います。今回も他にも数名の校友が判明しました。これから、口コミやメディア等を通じて校友募集を行っていきますが、どうぞ校友皆さんにもブラジル関係の校友がいらっしゃいましたら、情報をお寄せくださいますようよろしくお願いいたします。
150811_SaoPaulo10.jpg 150811_SaoPaulo11.jpg

150811_SaoPaulo12.jpg 150811_SaoPaulo13.jpg

150811_SaoPaulo14.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る