KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

東住吉支部
28人が出席し定期総会を開催 事業計画案等を承認

東住吉支部(福田尚武支部長)は、令和元年9月14日に都シティ大阪天王寺において、校友28人の出席のもと定期総会を開催した。
校友会本部より田中義信副会長、奥田惠造事務局課長そして大阪市内連合会より福井忠成副会長、小林洋司住吉支部支部長、北原正浩天王寺支部支部長、長、馬渕純一生野支部支部長、長谷川孝夫平野支部副支部長、森岡健住之江支部幹事長、友成純子住吉支部広報部長のご臨席を賜り、議案審議に入った。
学歌斉唱のあと福田尚武支部長の挨拶があり、事業報告、会計報告及び事業計画案を審議し、満場一致で承認可決した。会員相互の親睦、会員の増大を目指して今後の組織強化に努力するよう誓いあったしだいである。
その田中義信副会長より、校友会活動の現況について、また、大学の現在の状況等についてご報告があった。関西大学が益々盛んであることを改めて認識させられた。続いて、福井忠成市内支部連合会副会長より市内支部連合会の活動状況のご報告があり市内支部連合会の結束を認識させて頂いた。
第二部の懇親会が奥田惠造事務局課長の挨拶、乾杯のご発声でスタートした。支部活動の方針としていろいろな意見・要望があり、今後の目標とすることにした。また、自己紹介では、各世代の話や体験談など楽しく語り合った。
最後は、馬渕純一生野支部支部長の掛け声で全員が輪になって逍遥歌を合唱し、山田拓幸相談役の挨拶で閉会した。次回の出席者は今回の倍増をめざして頑張ろうと約束して閉会した。
(東住吉支部幹事長 村上靖)

20190914_higashisumiyoshi.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る