KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

守口支部
五輪出場の宮原選手へ応援を 新年互礼会で支部長呼びかけ

守口支部(川部政彦支部長)は、2月2日に守口市内の料亭「柿右衛門」で新年互礼会を開催した。今年も西端守口市長、もりぐち夢・未来大使の池のめだかさん(よしもとクリエイティブエージェンシー)の両氏を、3年連続の特別ゲストとしてお迎えし、総勢32人が出席した。
北町幹事長の司会進行の下、まずは学歌斉唱でスタート。続いて川部支部長から守口支部の社会連携活動として、昨年の市民祭りで校友の林川弁護士と奥原司法書士の協力を得て行った初の「法律相談」が好評を博したことの報告と、女子フィギュアスケート日本代表で平昌オリンピックに出場する関大生の宮原知子さんを皆で応援しようとの挨拶があった。
次に、校友の守口市議会議員の澤井議長から、現在の市政状況の報告を踏まえての挨拶を頂いた後、特別ゲスト西端市長から支部活動に対するエール等のご挨拶を頂いた。
乾杯は、全員起立の中、平井前支部長の発声で声高らかに行われた。その後、暫しの間、美味しい料理とお酒を賞味しながら、脇田会員のギターの弾き語りと、飛び入りでめだか師匠の歌声も披露していただき、大変場が盛り上がった。
続いて、守口支部恒例の「逍遙歌」を伊勢副支部長のリードに合わせ、特別ゲストも交えて円陣を組み合唱した。最後に、伊藤榮保副支部長の閉会の挨拶で和気あいあいとした新年互礼会もお開きとなった。
(渡辺安彦)
(北町収=06-6991-0169)

20180202_moriguchi.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る