KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

千葉支部
全員「来て良かったね」 犬吠崎や醤油工場見学

千葉支部(神田万久支部長・45工)では、5月29日に千葉県銚子へ日帰りグルメツアーを実施した。青山事務局長が企画し、メールで支部校友に呼びかけ、6人が参加した。
 朝9時に津田沼駅前に集合、青山校友の自家用ボックスカーに乗り込み、一路、犬吠崎を目指す。さわやかな五月晴れの空気を吸いながらのドライブ気分、平日で渋滞もなく目的地に2時間足らずで到着した。
 犬吠崎は、本州最東端の太平洋に突き出した岬で、犬吠崎灯台はイギリス人技師の設計施工で明治時代に建造し、初めて国産レンガを使ったことで知られている。
 昼近くになり、待望の「銚子の海鮮料理」で有名な店「一山いけす」で、太平洋をながめながらの昼食会。新鮮な海の幸に舌鼓、早朝、銚子港へ水揚げされた新鮮な地魚で漁師町ならではの豪快な料理を堪能した。参加者、全員口をそろえて「来て良かったね」と上機嫌、会話も弾み楽しいひと時であった。
 銚子といえば醤油の町。江戸時代から400年続くヒゲタ醤油の工場見学、醤油の製造工程、醤油の歴史を勉強した後は、それぞれが土産に醤油を買って帰路に、楽しく充実した一日であった。今回初めて参加した女子校友田辺さんも「楽しかった次回も是非参加したい」と感想を述べていた。
                                   (豊田稔)

                    (青山誠・61商=03―3662-7710)

済・関大7月号・千葉支部グルメ旅行写真.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る