KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

堺支部
子供の貧困とは何か 岡田教授が講演

 6月29日にホテルアゴーラ・リージェンシー堺(旧リーガロイヤルホテル堺)で堺支部(隅谷哲三支部長)総会が開催された。
 第1部総会は、来賓として寺内校友会長、加藤学生支援部長、森堺キャンパス事務局長、野口堺市役所関友会長ほか京都支部や近隣支部からs-済・関大9月号・堺支部総会写真.jpg代表が出席いただき、総勢91人が参加して開催された。国歌、学歌から始まり、物故者への黙祷を行う。隅谷支部長挨拶に続き、議案審議は隅谷議長の進行により満場一致で可決、承認された。
 第2部講演会では、「子どもの貧困とは何か」をテーマに岡田忠克人間健康学部教授が講演。今、切実な社会問題となっている子どもの貧困の原因は、親世代の貧困・一人親世帯の貧困・家庭の崩壊が背景にある。豊かなはずの日本で、このような問題が起きていることが意外であり、世界先進国の中で「貧困率」が高いのには驚かされた。講演終了後、竹山修身堺市長が来場され、和やかな雰囲気のなか全員で記念写真を撮った。引き続き第3部の懇親会は別室へ移動して始まった。
 初めに司会の野間氏からご来賓の紹介があり、そのあと竹山堺市長から祝辞をいただいた。続いて野口関友会会長の発声で高らかに乾杯、祝宴の開幕。食事をしながら歓談の輪がひろがっていった。恒例のオークションは高価な焼酎「森伊蔵」や豪華なネックレスなどが高値で落札されていった。
 全員でビンゴゲームがスタート。カード片手に真剣な眼差しの中、会場はおおいに盛り上がった。ビンゴになった人は景品の山の中から好きなものを、持ち帰ってのお楽しみ。ビンゴゲームが終わったところで、辻尾副支部長から軽妙な語り口で締めの「再会の辞」があった。
                         (小島秀明・42経)

           (鍋島均=072―284―1412)

ページトップに戻る

ページトップに戻る