KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

滋賀支部
平成卒が役員の3分の1 よし笛演奏で盛り上る

滋賀支部(今井清支部長)の25年総会・賀詞交換会が1月27日、JR守山駅東口前のライズヴィル都賀山で開催された。
第1部総会で、今井支部長は開会挨拶で、我々の生活を取り巻く不安、難問、課題を乗り切るには、校友という絆と関大スピリットであろうとアピール。
支部事業の重点は、①若手校友(平成卒)向けの交流会の開催、②平成26年に支部再発足30周年事業を挙行、③13市で地域交流会を開こう等だと述べた。
田中副会長から挨拶をいただいて議事に移り、24年度事業報告、決算報告、25年度事業計画、収支予算案が全て承認された。また、今回は役員改選もあり、平成卒が全役員39
人中3分の1を占め、若返りが図られた。
第2部のアトラクションは、地元で活躍されている、「守山琵琶湖よし笛アンサンブル」による演奏で、まず、よし原の映像を映しながら「早春賦」や初め四季の歌の演奏があり、後半は「涙そうそう」、NHKの震災復興応援歌「花は咲く」等、最後に「琵琶湖周航の歌」を全員で大合唱し、大いに盛り上がった。
第3部の懇親会は、牧村京都支部長の挨拶に続いて、本年の年男である吉仲秀明氏
(51商)の乾杯挨拶で開宴した。宴たけなわとなったところで、恒例の大抽選会である。今回の金賞は防災グッズであり、当選者から、これで備えが万全との声が上が
った。最後に高木章第70代応援団長(平6商)のリードで、逍遙歌を合唱し、お開きとなった。
                            (広報部会 奥村晴男)
%E6%BB%8B%E8%B3%80%E6%94%AF%E9%83%A8.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る