KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

鶴見支部
長年の経験に聞き入るスピーチコーナー新設

12月1日、鶴見支部(迫匡支部長)では忘年会を京橋の「はんなり」で14人の出席で行った。6月まで支部長として活動をリードしてくださった現相談役の徳野豊氏(28法)に長年の労に感謝して支部から記念品の贈呈があった。
今回から鶴見支部ではマイスピーチのコーナーを設け、先輩方から順に社会・人生経験を毎回15分ほどで話していただくこととした。初回は相談役の徳野豊氏。氏のスピーチは、最難関の関西電力に入り、学生時代にESS部長として築いた英会話力を生かして、東洋一の火力発電所建設に通訳として会社に貢献された苦労話を、ユーモアを交えて語ってくださった。
地上30mの高さに張った、幅40cmの通路を命綱やセーフティネットの無い当時、外人技師の通訳のために這って通った話は、聞いていても怖かった。また、日本人技師の素晴らしさに触れて、大型ボイラーの安全弁のセットで、外人技師は既定の圧力まであげるのに2日も徹夜して失敗し、ついにギブアップ。そのあと日本の東亜バルブの技師が来て1回でセッティングに成功。日本人技術者の手先の器用さと経験の豊富さには感心した。
食事が始まり、出席者紹介に4人の新しい顔ぶれがあった。都島支部から香西安勝支部長(47法)、池田一義副支部長(55商)。次に淀川区内に職場のある2人、山本孝幸氏(47工)と大成香織さん(うんと若い卒)。
会の締めは鶴見方式ビンゴゲームを楽しみ、来年はもっといい年であることを願って一本締めでお開きとなった。
(支部長 迫 匡)
%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E6%94%AF%E9%83%A8.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る