KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

司法書士関大会
中村会長・3副会長再任 韓国法務士の現状等聞く

 11月17日、大阪キャッスルホテルで第52回司法書士関大会(中村博会長)総会並びに懇親会が行われた。
 寺内校友会長はじめ大阪中央支部及び六士の若手勉強会「関士会」から、公認会計士関大会、会計人会、社会保険労務士関大会、さらに友好団体として応援団ОB長柄会(Ⅱ部)、女子秀麗会、スポーツマンクラブから来賓の出席をいただき、総勢54人の参加を得て開催された。
 総会では、学歌斉唱、物故者への黙祷の後、中村会長の挨拶があった。
中村会長は挨拶の中で、高橋一夫相談役が57年間の司法書士界における功績が認められ春の黄綬褒章を受章された喜ばしいことがあった反面、当会の会長を4期8年間歴任した行方正行相談役が8月に、また磯崎泰博副会長が10月に故人となったことを報告した。特に行方相談役が平成9年に作成した会員名簿は、大阪司法書士会の約5分の1以上の会員が関西大学出身であることが判明し、今日の会の活発な活動の礎を築いたことに感謝した。
 また、来年の活動方針として、新人合格者の把握、近畿圏における未入会の会員勧誘、関大のスポーツ観戦ツアー等の企画を発表した。
 来賓を代表して寺内校友会長から挨拶があり、議案審議では、提出議案の全てが異議なく原案通り承認された。特に今回の役員改選においては、中村会長と副会長の3人が再任された。
 大谷啓二長柄会長の発声で乾杯し、和やかな懇親の場に移行した。懇親会では、当会参与である日本司法書士会連合会の井上利博副会長から、韓国の法務士(司法書士)の現状と日本司法書士会連合会の今後の取り組みについて抱負を述べた。アトラクションとして、中村潤会員のキーボード演奏があり、会場は大いに盛り上がった。
 宴もたけなわになり、高橋相談役の中締めの後、高一弘長柄会副会長のリーダーにより逍遙歌を合唱し、佐竹正康副会長の閉会の辞で盛会裏に幕を閉じた。
 なお、「平成24年度司法書士試験合格者」及び「司法書士大会に入会希望者」は下記の事務局までご一報下さい。  (幹事長 辻井宏之) <中村司法書士事務所内 Tel06-6705-5678 Fax06-6705-6111>
%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E9%96%A2%E5%A4%A7%E4%BC%9A.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る