KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

愛知支部
参加者総勢197人で盛大に創立100周年記念総会を開催

 愛知支部(森田敏二三支部長)は、9月7日に創立100周年記念総会を名古屋観光ホテルで開催。母校から寺内校友会長、上原理事長、近隣7支部、大阪平野支部、京都支部、秀麗会代表の出席をいただき、校友150人、総勢197人が参加した。受付では、記念誌とお祝いの紅白饅頭が配布され、参加者から絶賛の声があがった。
 第1部総会では、現役応援団の指揮で学歌斉唱。今回100周年を迎えた中で多くの先輩後輩が他界され、全員で黙祷した。
 その後、歴代支部長に感謝状と記念品が贈呈された。12代岡田英彦氏(22工専)、14代岩瀬彌三郎氏(28商)に森田支部長から感謝状と記念品が手渡され、後輩の感謝の気持ちを伝えることが出来た。森田支部長の挨拶の後、寺内校友会長、上原理事長から大学の近況とお祝いのお言葉を頂戴した。続いての議事ではすべての議事が満場一致で可決された。
 第2部の懇親会は、杉本秋男(48M商)100周年実行委員長の挨拶で始まり、東郷事務局長の乾杯の音頭で開宴。美味しい「北京」の中国料理とビールをいただき、学生時代の思い出話、近況を語りあい、久しぶりに会う校友と旧交を温めあった。
 また、春の叙勲で松本正道氏(34経)が旭日小綬章、鈴木正彦氏(40法)が瑞宝双光章を受章されたことの紹介があり、参加者全員が喜びを分かち合った。
 アトラクションでは、落語大学による落語。関大亭万太(田中慶三・文3)が演目「道具屋」で、参加者一同を楽しませ、最大のイベントである応援団員による力強い太鼓の音に乗せ、チアガールは舞い一層の盛り上がりを見せた。

創立100周年記念総会
 創立100周年記念行事として総額50万円のお楽しみ抽選会が、富田健嗣事業委員長(平10情)、山田亮治同副委員長(平10情)の進行で始まり、特賞に有本純子さん(平5商)が「ホテル花水木」の宿泊券(5万円相当)をゲット。その他髙橋大輔のサイン入り色紙・本、商品券、有名ホテルの食事券など大変豪華な景品で会場は大いに盛り上がった。この抽選会には、森田支部長、杉本実行委員長からも多くの景品を寄付して戴いた。
 最後に応援団長の指揮のもとに逍遙歌を合唱し、前田正子副支部長(35文)の閉会の辞で幕を閉じた。
 その後、塗木桂子組織委員長の手配で、ホテル1階の「ジャルダン」で二次会が始まり25人余が参加。元気いっぱい残暑を吹き飛ばして次回の再会を約して閉会した。
 なお、岡田英彦代表顧問が名古屋銀行・豊田自動織機の校友16人を自費で招待され、レセプトタント数人を自費で手配された。深く感謝とお礼を申し上げます。(幹事長 原勝也)

ページトップに戻る

ページトップに戻る