KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

守口支部
ボウリング大会に20人 一投のたび一喜一憂

 守口支部(平井治支部長)親睦ボウリング大会が5月22日、ラウンドワン守口で守口市議会議員の澤井良一・服部浩之両校友をはじめ20人が参加して行われた。このボウリング大会は、誰でも気軽に参加でき、校友相互の親睦をより深めるスポーツ行事として昨年2月に初めて実施。続いて同年10月に第2回目を実施し、今回で3回目を迎えた。

20120522_moriguchi.jpg
 まずは本年4月に守口市役所に就職し、支部行事に初参加した坂本良輔君の紹介があり、続いて全員で記念撮影。始球式は、第1回優勝者の杉本國雄副支部長が行い、その後6レーンに分かれてプレーが開始された。
 優勝は、2ゲームのスクラッチトータルで競った。前回優勝者は2ゲームでマイナス50、準優勝者はマイナス40のハンデが付けられ、他方、女性は80のハンディをプラスされる。大半の人が半年ぶりのゲームで、思うような成績とはならなかったが、それでもストライクやスペアが出ると「ヤッター」と大はしゃぎ。逆にガーターでガックリする人も出て、全員が一投一投に一喜一憂し、和気藹々で2ゲームを楽しんだ。
 成績は、城美知代さんが前回準優勝のために女性ハンディを減らされながらも307点で優勝。準優勝は馬場正人さん、3位には三澤登さんが入った。(副支部長 山本 護)

ページトップに戻る

ページトップに戻る