KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

京都支部
遍照寺と平安郷を散策 「歴史街道を歩く会」開催

 京都支部事業委員会主催で「歴史街道を歩く会」が11月27日に開催された。13人がJR山陰線の嵯峨嵐山駅に集合して、小春日和の中を京都散策に出発となった。
 最初に訪れたのは、真言宗御室派準別格本山の広沢山遍照寺。その歴史は古く、平安時代中期の989年に寛平法皇(宇多天皇)の孫の寛朝僧正が広沢池畔の山荘を寺院としたことに遡る。ご住職様からこのお寺にまつわる興味深い昔話を聞いた後、ご本尊等の仏像をすぐ近くで見る機会があった。

20111127_kyoto.JPG
これほど間近で像を鑑賞する機会はめったになく、何百年もの時の重みを感じた。またお寺の周囲には未発掘の稲荷古墳があり、本格的な発掘が行われた後には、過去の生活を知る上で貴重な発見があるかも......。
 広沢池平安郷に移動し、秋の一般公開日に風情ある庭園を見学し、野点でお茶とお菓子をいただいた。
 池の側にある民宿わらびの里で昼食。お弁当には、新鮮な鯛のお造りや季節の野菜などが彩りを添えていた。また美味しい柿も出て豪華な宴会となり、初参加の校友だけではなく、常連の校友もお互いに打ち解けて、散会となった。(栗山裕也)

ページトップに戻る

ページトップに戻る