KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

経済人クラブ
特別例会で初の藝術企画 酒蔵コンサート&懇親会

 経済人クラブ(西村太一会長)では、9月17日に灘五郷の神戸酒心館で第192回特別例会を開催した。
 会員及び会員外の校友、音楽好きの家族、友人の参加に加え、矢田神戸市長、門淡路市長、地域の名士各位に私的に参加いただき、80人を超える大盛会となった。
 楠見学長からの祝電披露に続いて、関西を代表する谷本華子氏と姉君美帆氏のピアノ伴奏によるプログラムは、古典派タルティーニの「悪魔のトリル」に始まり、ガーシュインの「ポギーとべス」、ペルトの「鏡の中の鏡」など近現代の作品までを網羅した。
 独創性と技巧性が結合した谷本姉妹の演奏に魅了された会場は、感嘆の吐息に満ち、来場者は感動を共有した。1752年製のトーマスカルカッシのバイオリンとスタインウェイのピアノの名器の競演は、演奏の安定感をさらに裏付けていた。

110917_keizaijinclub.jpg
 若手会の企画に、東京経済人クラブ代表南部靖之氏令嬢で、新人バイオリニスト南部怜奈氏もゲスト参加し、楽しく交流された。次世代、新時代への継承と発展の呼応を確信した特別例会であった。
 懇親会は、秋の懐石料理と暦酒のメニューに加え、酒心館安福会長差し入れの純米吟醸酒に舌鼓した。愛飲家や美食家にとっては酒心館ならではのもてなしであった。
 心和むなか、「赤とんぼ」「里の秋」を合唱し、名残りの宴は終わりとなった。(若手会幹事 長谷川真理)

ページトップに戻る

ページトップに戻る