KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

経済人クラブ
日本型経営の真髄を見る 若手会主導の特別例会で

 経済人クラブ(西村太一会長)の第189回例会は、11月17日に若手会主導の特別例会として当クラブ幹事の栗原照次郎氏が経営する栗原製作所(大和郡山市)の本社工場を見学した。
 同社は、鶏卵パックの専門メーカーとして、再生ペットボトルを利用し、シートからパックまでの一貫生産で「Q(クオリテイー=高品質)・C(コスト=低価格)・D(デリバリー=即納)・V(バラエティ=多品種)」にこだわり各種製造をしている。
 9時45分、現地に到着。栗原会長の歓迎を受け、整理整頓、清潔にされた1階ミーテイングルームで会社の概要を聞き、シート工場、成型工場、バーコード工場、製品倉庫を2時間にわたり見学。4500坪に繰り広げられる、人と機械の芸術的な組み合わせのラインは感動的であり、生き生きと仕事をする社員の姿を見て、オンリーワン経営の道を決断され、歩まれる栗原会長に、日本型経営を地でいくその真髄を教えていただいた。
昼食は、栗原会長を囲んで、「Le BENKEI」の貴賓室で贅沢なフレンチをいただき、総勢24人で、楽しく、なごやかに懇談した。


101117%20keizaijinclub.jpg

 帰路、「法隆寺」を見学。多数の仏像にふれ、一同、久しぶりに洗心された気持ちで夕刻帰阪した。(代表幹事 田合邦臣)

ページトップに戻る

ページトップに戻る