KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

京都支部
花の家さんごさんが落語 老舗「中村楼」に集う

 9月5日、京都支部(牧村史朗支部長)の女性校友の集い&中・東地区合同懇親会が開催され、暑さのなか41人の校友が集った。
 場所は京都でも老舗の中村楼。「二軒茶屋」とも呼ばれるこの店には、大津事件(明治24年、わが関西大学創立者・児島惟謙先生が、大審院長として政治部門からの司法権独立を守り抜いた)の前日、ニコライ2世が立ち寄られたとのことで、とてもご縁を感じた。また、ここのご長男は関大卒とのことで重ねてご縁があるようだ。
 店内から眺めるお庭は、落ち着きがあり、「癒し」の空間。このようなすばらしい場所を設定していただいた組織委員の茶谷様に大感謝。
 会の冒頭には、恒例(今回で5回目)の古典落語を、校友の花の家さんごさんにお願いし、まずはお笑いでスタート。現在、高校教師を務める彼女の落語は、校友の顔を笑顔に、そして気持ちを穏やかにさせてくれる絶品だった。
 今回のテーマは「守ること、伝えること!」。この老舗のご主人にお話をお伺いし、伝統を守り、伝えることの重要さを実感した。機会が有れば、ぜひここの「祇園豆腐(田楽)」をご賞味ください。
 懇親会の料理はこの祇園豆腐を含む京懐石。どの料理も上品で、暑さで疲れた体を癒していただいた。

100905kyoto.jpg

 最後は、女将さんに店の中を案内していただき、貴重な掛け軸や襖絵、書などを拝見させてもらった。明治時代の建物の中には、伊藤博文や三条実美、有栖川熾仁親王の書などもあり、まるで美術館の様な空間で、感動した。
 このように京都支部は、校友の皆さんのご縁でいろんな体験をすることができます。まだ参加されていない方は、ぜひ次の機会にご参加ください。お待ちしています!(広報 福井浩二)

ページトップに戻る

ページトップに戻る