KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

平野支部
「新型インフルの対処法」聞く 平野区長は防犯モデル区を説明

 11月14日、平野支部(田中義信支部長)総会が、寺田町フェイセスゲストハウスで開催された。来賓の応援団OB長柄会・馬渕純一幹事長指揮による学歌斉唱後の総会は、役員改選がないため事業・会計報告中心に議事が進行した。
 第2部は、箔本起也事業部長による講演会で、テーマは「新型インフルエンザの対処法」。タイムリーで誰一人無関係でいられないテーマであり、聴衆の表情は真剣そのもの。第3部では、寺内校友会長から学の実化をテーマにした祝辞を、小坂道一体育OB会長よりスポーツ推薦復活後の大躍進に関するお話を、また、雪本修平野区長から平野区の防犯モデル区に関する挨拶をいただいた。

091114hirano.jpg
 辻佐一郎大阪市内支部連合会長の発声で歓談タイムがスタート。今年も現役のチアリーダー・CLAIRSの皆さんには若さ弾ける素敵な演舞を披露いただき、オークションの手伝いもいただいた。また、今年は羽藤みどり幹事に加え、初参加の西上亞子校友にも協力いただいた。
 大阪市の一つの区に過ぎない当支部のために、36人もの来賓の方々が積極的に参加いただき、同時に多くの会員たちが協力して総会を執り行うことができたことを、ちょっぴり誇らしく思うのだった。(長野隆哉)

ページトップに戻る

ページトップに戻る