KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

八尾支部
五十周年に向け意気上がる 記念誌に多数の会員が寄稿

 二十年度八尾支部(青砥申生支部長)総会は、六月十五日、八屋プリズムホールにて、校友会本部より一軸会長、畑下元会長(元八尾支部会員)、近隣支部支部長ら多数の来賓を迎え、総勢四十一人で開催された。
 第一部総会は、垣内副支部長の開会宣言の後、南野佳子幹事の司会で、学歌斉唱、物故者への黙祷、支部長挨拶、来賓祝辞、祝電披露が行われた。
 青砥支部長は挨拶の中で、当支部は来年、結成五十周年を迎えるので、すばらしい記念総会にしたいと決意を表明した。
 続いて議事に移り、前年度の事業・決算および今年度の事業計画・予算案を満湯一致で承認した。
 第二部では、春の叙勲で旭日小綬章を受章された森田道昭顧問および昨年の校友総会で感謝状を受賞した岩井宏彰顧問へ佐々木裕子幹事から花束を贈り、二人より謝辞があった。
 記念撮影の後、第三部に入り、司会は中尾副支部長にバトンタッチ。会食、歓談するなか、恒例となった水野名誉支部長のマジックに続いて、中尾副支部長の謡曲が初披露された。
 近況報告で、佐々木宏之副支部長は、準備中の五十周年記念誌へ多数の会員から寄稿をいただいていることに編集長として謝意を表し、川崎宗一副支部長は五十周年記念の成功へ物心両面のご協力をお願いした。
 時間も過ぎ、松名顧問の「五十周年を成功させよう!」の発声で万歳を三唱し、垣内副支部長の閉会宣言で散会した。 (佐々木宏之)

080615yao.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る