KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

神戸支部
携帯ホームページ制作を発表 英国風パブで春の親睦会

 神戸支部(西村太一支部長)に平成十六年設立した神戸平成倶楽部の春の親睦会を三月七日、神戸三宮「英国風パブHUB」で開催した。世話人の山本智子(平8社、ナイキジャパン)と今中寛(平9商、甲南アルミ建材)の「今日はお互い参加したメンバー全員と語りあって楽しんでください」と開会挨拶し、乾杯でオープンニング。 
 会場には初参加の田中俊行(平18法)、津田有加子(平13経)、岡嶋陽子(平13経)、堤礼邦(平6法)、魚川潤(平4法)古田高士(平2経)をはじめ、瞬く間に平成卒の男女二十六人で埋まった。 
 卒年順に自己紹介で盛り上がる中、渡邊泰之幹事長(昭42法)が挨拶に参上、支部より会費の助成をいただき、みんなで感謝した。またオブザーバーで谷口欣久副幹事長・前田由利常任幹事(昭61工建)が参加し、神戸支部メンバー全体のアピール、総会、新年互礼会への参加を呼び掛けた。
 世話人の今中寛からはこの倶楽部の携帯ホームページ制作発表、山歩き会の案内、倶楽部設立から今までの活動アルバムを紹介した。 
 奥田校友会課長へ神戸のメンバーより校友で活躍している経済人との交流会など企画のお願い、大学全体とのつながりを求めて、限りのない楽しく、大切な着想で話をすることができた。
 また本部の事業紹介を聴き、神戸平成メンバーは、本部への関心とネットワークを身近かに体感できたことはとても有意義だった。 
 最後は会場いっぱいに広がり記念撮影、平成メンバーの心響きあう楽しい時空をつくりあげることができた。次回は秋の親睦会「はぐくむ、つくる、つなぐ」をテーマに企画していく予定です。(平13経 津田有加子)

080307kobe.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る