KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

宝塚支部
ソプラノの歌に聞き入る  職域団体との交流も深める

 宝塚支部(高橋一夫支部長)は十月六日、総会をホテル若水で開催し、本部から寺内俊太郎副会長をはじめ、近隣支部からの来賓を含め七十人が出席した。
 第一部では、高橋支部長の開会挨拶の後、来賓を代表して寺内副会長から「強い関大」に向けての挨拶をいただいた。議事では十八年度の事業報告、会計報告が原案どおり承認された。総会終了後の特別出演では、昨年好評だった歌の演奏があり、ソプラノ歌手の長谷川眞弓さんの「メモリー」「サマータイム」などのおなじみの曲の他、昨年の紅白歌合戦でも話題となった「千の風になって」に聞き入るとともに「上を向いて歩こう」を全員で合唱し、心を一つにした。

071006takarazuka.jpg
宝塚支部総会

 また、懇親会では恒例の校友紹介コーナーがあり、今年は特に、今後支部として職域団体との交流を深めて行くために、池田銀行関大会の酒井さん、宝塚市役所関大会の藤森さんに組織を代表しての話をいただいた。来賓の豊能支部長で関西大学東京センター石山所長のユーモア溢れるスピーチがあり、更に会員各層の一言スピーチが続き、大いに盛り上がり、出会いと再会の輪が広がった。
 最後に、参加者の今後の健康を願うとともに、来年のより多くの校友との再会を約し、逍遙歌の大合唱で閉会した。この後、参加者の多くは会場の雰囲気をそのまま宝塚温泉に持ち込み、さらに旧交を温めた。
(41法 兼丸秀樹)

ページトップに戻る

ページトップに戻る