KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

西宮支部
山口高志氏インタビューと落語3題に会場盛り上がる

西宮支部(河野昌弘支部長)と落語大学西宮支部(松村敏夫支部長)は、関西大学創立130周年記念ワンコイン講演会を、9月25日西宮市プレラホールで開催した。
河野西宮支部長の挨拶のあと、第1部の講演会では、阪急ブレーブスで剛速球投手として活躍された山口高志氏のインタビューがあった。
落語大学の爪田家酔笑さんがインタビュアーを務め、山口氏の野球部の2年先輩でキャプテンを務めていた木嶋一黄さんをゲストに、スピードボールを投げるコツ、学生時代や阪急での現役時代、阪神のコーチ時代のエピソード、関大の野球部の話から奥様の話までいろいろなお話をしていただき、山口さんの素朴な人柄、楽しいエピソードに会場は大いに盛りあがった。
第2部では、千里家市松さんの司会で、爪田家酔笑さん(くもんもん式学習塾)、関大亭狂角さん(一文笛)、浪漫亭来舞さん(あこがれの甲子園)の楽しい落語が披露され、観客は大爆笑となった。
定員300席の会場はほぼ満席で、入場料収入15万9500円はすべて西宮支部から130周年記念募金として大学に贈られる予定である。
(部谷昭治・昭60法)
(栄興電機工業・小坂圭一=06-6491-5301)

160925_nishinomiya01.JPG 160925_nishinomiya02.JPG

ページトップに戻る

ページトップに戻る