KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

北播支部
80人が集い北播支部再結成総会を開催
小林護支部長ほか新役員を選出し船出

5月28日、西脇市のロイヤルホテルで約80人が出席して北播支部再結成総会が開催された。
当支部は、北播磨地区(三木市・西脇市・加西市・加東市・小野市・多可町)の校友を対象に平成2年に設立され活動していたが、5年の総会を最後に今日まで諸般の事情で活動停止状態となっていた。
母校の創立130周年を機に、一部の校友から再発足の声もあり、友人・知人と連絡をとりながら種々協議を行っていた。また、昨年のスプリングフェスティバルに参加し、本部校友会会長をはじめ役員の方々から色々と話を聞き、約1年をかけて準備を進め、ようやく再結成の運びとなった。
この間、校友会事務局をはじめ近隣支部関係者等のあたたかい指導のもと、総会を開催することになった次第である(小野市は既に支部が結成されたため、今回は小野市を除く4市1町で再結成。当地域には1450人の校友がおられ、皆さんに案内を出し、それらを整理するのも大変だったが、再結成総会開催後はやってよかったと自己満足をしているところである)。
第1部総会では、現役応援団の指揮のもと学歌を斉唱し、来賓としてお迎えした開催地の片山象三西脇市長の挨拶から始まり、議案審議では全ての議案が承認され、新支部長に小林護氏(昭39学法・43M法)をはじめ新役員が選任され、支部長の挨拶のあと記念写真の撮影を行った。
第2部懇親会では、本部副会長の田中義昭氏をはじめ、近隣支部代表の方々からお祝いの挨拶を受けたあと懇談に移った。アトラクションをお願いした応援団の演舞演奏では大変盛り上がり、久しぶりに学生時代にタイムスリップ。最後は全員で肩を組んで円陣を組み逍遙歌を声高らかに歌い、閉会となった。
北播支部としては、今後、走りながら校友会活動の充実を図っていきたいと考えていますので、皆さまのご協力、ご意見をお願いいたします。 
(幹事長 高瀬寿之 41経)
(高瀬寿之=0795-42-8470)

160528_hokuban.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る