KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

島根県支部松江千里会
役員改選で神庭体制発足 秩父宮章の金山氏に祝意

島根県支部松江千里会(岸宏会長)27年度総会が、2月28日に松江市千鳥町ホテルすいてんかくで開催された。
本部から渡邊泰之副会長らをお迎えし、先ず1年間の物故者4人に黙祷を捧げ、学歌斉唱の後、総会に入った。神庭副会長の挨拶に続いて、本部の渡邊副会長より130周年記念事業募金20億円への寄付の協力、機関紙『関大』の説明、梅田キャンパスの開設、千里山キャンパスの新たなアクセス等詳細な説明があった。
議事では、一般経過報告、会計報告を経て役員の改選が行われ、名誉顧問岸宏(41経)、会長神庭民生(42経)、副会長桑原博明(42経)・福原捷之(41法)の新役員が決まった。
160228_shimane01.jpg第2部懇親会に入り、先ず、昨年、陸上競技界に特に功績があったとして秩父宮章を受章した陸上競技部OBの金山滉氏(42法、島根陸上競技協会審判部長)に、神庭新会長からお祝いの金一封を贈呈した。
宴に入り、あっという間の2時間だったが、大いに盛り上がり来年の再会を誓い、逍遙の歌を大合唱し、福原新副会長の音頭で万歳三唱し閉会した。
(幹事長 大西弘悦・昭46法)
(大西弘悦=0852-23-1081)

160228_shimane02.jpg

ページトップに戻る

ページトップに戻る