KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

活発な支部活動

活発な支部活動

岐阜千里会
17年ぶりに復活懇親会 十六銀行の十六千里会

岐阜千里会(松村公夫会長)傘下の職域組織である十六銀行の「十六千里会」(清水政秀代表)は、7月26日に岐阜市の岐阜キャッスルインで、17年ぶりに関西大学出身者による職域会の懇親会を復活させた。
十六銀行内の関西大学OB・OGで組織されている十六千里会は、平成7年ころまでは毎年新入行員歓迎会を開催していたが、平成8年から17年までの10年間は卒業生の入行が途絶え、職域での懇親会も開催されなくなっていた。
その後、18年から25年までの間に関大卒業生も入行し、昨年、岐阜銀行との合併も行われた結果、十六銀行の関大出身者の現役は現在31人を数えるまでに増加した。
そこで今回、31人中23人(うち女性2人)の参加を得て、職域会の懇親会を17年ぶりで開催した。
140726_gihu.jpg懇親会では、初めに、昨年まで岐阜千里会の職域代表者であった前可児支店長の林真司氏(57経)が、十六銀行グループである共栄ライフパートナーズの常務取締役に就任したことから、新たに木曽川支店長の清水政秀氏(59商)が岐阜千里会の職域代表幹事に就任したことが報告された。
次に、岐阜千里会からは十六銀行OBの宮地博幹事(50法、ハビックス常勤監査役)と前畑忠憲幹事(55経、テバ製薬常勤監査役)が参加し、岐阜千里会の活動状況や最近の母校・関西大学の千里山キャンパスの様子をパワーポイントの画像で紹介するなどして、会場は大いに母校愛で盛り上がった。
その後、入社年次の若い卒業生から順に自己紹介が行われ、同じ岐阜県内ではあるが、距離的に岐阜市から遠い下呂支店や八幡支店の卒業生、また隣県の三重県の桑名支店に勤務する昨年の卒業生など、各地から駆けつけた者も多く、合併した岐阜銀行出身者の卒業生とも、初めて顔合わせをすることができた。
参加者からは、卒業生の先輩と初めて話すことができたとか、本部や身近な支店にも先輩がいることがわかって心強いなど、これからも毎年職域懇親会を開催してほしいとの要望が出た。
今後、岐阜千里会の総会やゴルフ会など、各種イベントにも積極的に参加して、関西大学の校友の輪を更に広げることを約して、復活職域懇親会は大成功裏に閉会した。(岐阜千里会幹事 前畑忠憲)
(松村工業・疋田=058―271―3912)

ページトップに戻る

ページトップに戻る